FC2ブログ

メイド

お帰りなさいませ、ご主人様。
今日はお早いお帰りでしたね。
私、嬉しくなってしまいます。
さて、ご飯になさいますか?お風呂になさいますか?それとも・・・私?
え?鍵でございますか?
さて、なんのことでしょう・・・。
そんなに頼み込まれましても・・・。
昨日のですか?
ああ・・・昨日私にお預けになったあの鍵でございますね。
ご主人様のお粗末なものを管理している貞操帯の。
ご心配なく、お言いつけどおり私がしっかり管理させていただいております。
え?お渡しするのですか?
しかしあの鍵は厳重に管理するようにということでしたのに、もうよろしいのですか?
そうですか・・・そこまで切羽詰っておいででしたら、昨日おっしゃいましたように屈辱のポーズと服従の宣言をなさってくださいませ。
え?できないのですか?
でしたらお渡しするわけには・・・。
なにしろご主人様のお言いつけは絶対でございますので、逆らうことはできません。
ご主人様も、まさかご自分のお決めになったことをまさか反故にするようなことはなさいませんでしょう?
1日も持たないようだったら屈辱のポーズと服従の宣言をするということでした。
それをしていただきましてから、お返しして良いものかどうか判断させていただきます。
もちろん、気持ちがこもっていなかったり、不十分だと私が判断した場合には何度でもやり直していただきます。
私もこのようなことは申し上げたくないのですが・・・ご主人様のご命令です。
厳しくさせていただきますが、ご理解いただきますよう。
耐えられないのでしたら、早くなさった方がよろしいかと思います。

観念なさいましたか?
はい、まずは全裸になられるのですね。
とても良い事だと思います。
屈辱を感じるのには最高の格好ですから。
あら?せっかく貞操帯をしているのにはちきれそうになってしまっていますね。
これは痛いでしょう、お可哀そうに。
一刻も早く解放して差し上げなくては。
次はどうなさるのですか?
お尻を突き出して、両手でアナルを開いて・・・。
まあ、いやらしい・・・。
でも、意外ですわ、あまりにも普通すぎて。
毎日私がご主人様の命令でしていることと同じではありませんか。
もっと屈辱的なポーズができるはずだと思います。
焦らさないでください、すごく楽しみです。
ご主人様がどんな屈辱的なポーズをなさるのか・・・。
ああ、ソファのひじかけに両脚を乗せて・・・足を大きく開いて。
まるで分娩台に乗った妊婦さんも比較にならないくらいあからさまで何一つ隠しようのない・・・。
アナルまで丸見え・・・これはすごくエッチです。
素晴らしいです、ご主人様。
ご主人様にはきっとすぐれたMの素質がおありだと思います。
さて、この格好でどんな服従の言葉を述べてくださるのでしょうか・・・?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ホワイトデー

今日はホワイトデーだから、お前のためにケーキを買ってきてあげたのよ。
え?男がお返しする日だから逆じゃないかって?
今は逆チョコとかあるし、もらった方がお返しするって認識でいいんじゃないかな?
とにかく、ありがたく頂戴しなさい。
ほら、そこに正座して。
おいしそうなケーキでしょう?
大丈夫、私の分もちゃんとあるから。
お前にはエサ皿に入れてあげるわね。
犬なんだから手なんか使っちゃダメよ。
そうだ、今日は気分が良いから、私が食べさせてあげる。
ほら、ちゃんと正座して、床にお皿を差し出しなさい。
あっ!
うっかり・・・うっかりケーキを踏んじゃったわ。
私ったらドジね。
まあでも、大丈夫でしょ。
私の手からもらうのも、足からもらうのも嬉しいでしょ?
さあ、ケーキを踏んでクリームまみれになった足を舐めなさい。
ほら、残さずきれいに舐めるのよ。
ちゃんと指の間もしっかりと。
嬉しい?
美味しいでしょう?
そんなに急がなくていいから、ゆっくりと味わいなさい。
あっ!
今度は反対の足で踏んじゃったわ。
ぐりぐり・・・っと。
ほら、こっちもきれいにして。
舐めるのも結構上手になってきたわね。
まあ、犬だし当然だけど、私のしつけがいいのね。
あら?
足を舐めながら立ててるんじゃないでしょうね。
全く・・・すぐにいやらしいことばかり考えるんだから。
しょうがないわ、1回出しちゃいなさい。
私が見ててあげるから。
優しいでしょう?
勝手に大きくしたお仕置きもしないで、気持ちよくなれって言ってあげてるんだもの。
こんなに優しいご主人様は他にいないわよ。
ほら、もっとしごいて。
早漏なんだからすぐいけるでしょ?
もう先っぽが濡れてきた・・・。
いやらしいお顔ね。
いくときはちゃんといくって言うのよ。
ティッシュ?
そんなもの犬に使わせるわけないでしょ。
そうね、ちょうどいいからこのお皿に出しなさい。
ケーキを入れてたこのお皿にね。
あら、我慢できないの?
もういっちゃいそうなのね。
いきなさい。
たっぷり出していいのよ。
変態の顏よく見せながらいきなさい!

たくさん出たわね・・・いやらしい。
満足したかしら?
そう、良かったわ。
じゃあ、さっきの続きよ。
え?ほら、まだケーキが残ってるじゃない。
私が踏んだところもお皿にくっついてるし、ちゃんと舌で全部きれいにしなさい。
精子?
お前が勝手に出したんでしょう?
練乳みたいで美味しいかもしれないし、一緒に食べたらいいんじゃない?
さあ、早くしないと今度こそお仕置きよ。

ボディコン(裏)

全く、なあにジロジロ見て。
そんなにこの格好が魅力的?
こういうのボディコンって言うのよ。
女の子の体が良くわかるでしょ。
すごくセクシーでエッチで・・・こんな服なかなかないわよね。
あら?もしかして私見て大きくしてるんじゃない?
ほら、手をどけなさい。
もうギンギンじゃない・・・。
何もしてないのにこんなにいやらしい目で私を見てたなんて。
私を視姦して良いなんて言ってないのに、勝手に辱められた気分だわ。
女の気持ちがわからないからって、これは問題ね、どうしようかしら?
そうだ、わからないならわかるようにすればいいのよ。
ほら、服脱ぎなさい全部。
幸い、身長もほぼ同じくらいだし・・・え?何するかって、わかるでしょ。
あなたも着てみるのよ。
そしてジロジロと見られる気分を味わってもらうわ。
嫌とは言わせない。
私に逆らうことなんてできないはずよ。
いえ、逆らうどころか・・・本当は着てみたいんじゃない?
違う?そうよね?着てみたいわよね?
素直でよろしい。
さあ、全部脱ぎなさい。
下着も貸してあげる。
その方が気分も出るでしょ。
さあ、早く。
自分で着替える?それとも着替えさせてほしい?
自分でするのね?
まあ、自分から女性の下着着けてボディコン着て・・・なんて変態なのかしら。
人が見たら何て言うだろうね?
ほら、もたもたしないで早くするのよ。
着終わったらすぐ見せる。
ふむ・・・まあまあ良いんじゃないの?
意外と悪くないわ。
これでお化粧してウイッグ着けたら女らしくなるわよ。
それはいいけど・・・これは何かしら。
スカートの前がテント張っちゃって・・・。
これはおかしいわね。
これじゃお出かけもできないわ。
え?する気がない?
するかしないかは私が決めることよ。
でも、とりあえずこれじゃあみっともないからボディコン着るだけで大きくするのはなんとかしないとね。
今日は初めてだから仕方なかったんでしょ。
この格好が当たり前になるように、これから毎日着るようにしようね。
もちろん最初はお部屋の中でよ。
当たり前でしょう?
それとも、すぐ外に出たい?
恥ずかしい目に合いたい?
ああ、あなたはその方がお好みかしら?
あははは!

ボディコン

ねえ、何ジロジロ見てるの?
あまり見られると恥ずかしいじゃない。
そんなにこのボディコンが珍しい?それとも・・・魅力的?
ボディーラインがしっかり出ちゃうような服ってあまり間近でみることないだろうしねえ。
真剣に見てたら変態だと思われちゃうし。
そもそも、こんな服着てる子あまりいないかな。
夜の街ならいるのかもしれないけど。
どう?せっかくだからよく見たいでしょう?
見たかったら見ていいのよ。
こうやって立っててあげるから。
ただし、私はあなたの言うことは聞かないからね。
見たいところに勝手に顔を近づけて見てちょうだい。
最初は・・・胸?
いいわよ、じっくり見て。
男はおっぱい大好きだものね。
あ、触ったらダメだからね、そこでおしまいにしちゃうから。
手は出さないで見るだけ。
ちょっと、匂いを嗅いでいいなんて言ってないわよ。
でも、手は出してないものね、どう?良いにおい?
ほら、勝手に顔を押し付けようとしちゃダメ。
手でも顔でも触るのはダメよ。
触ったらお仕置きだからね。
あら?おっぱいは満足したの?
次はお尻?
いやらしいわね。
ほら、よく見なさい。
なんなら突き出してあげましょうか?こうやって・・・うふふ。
サービスはちょっとだけね。
あ、お尻の匂いはダメよ。
綺麗にしてきたけど・・・恥ずかしすぎるわ。
なに?変なところ押さえて。
あ、パンティ見えちゃったんでしょ?いやらしい・・・。
でも、見てもいいのよ。
ダメって言ってないもの、もっと大きくしなさい。
遠慮しないでいいから。
触りたくなっちゃう?
ダメよ、触るのは自分のにしておきなさい。
勝手にオナニーしたっていいんだからね。
あ、そのかわり・・・私だけ恥ずかしい思いするのも嫌だから、あなたは全裸になりなさい。
そうしたらオナニーするのもいっちゃうのも許してあげる。
慌てなくてもいいのに・・・。
そんなにいきたいのね、変態さん。
ほら、次はどこ?
前の方?
パンティ覗きたかったらちゃんとひざまづいて下からね。
ほら、もっと頭を下げないと見えないでしょ。
いっそしゃがんじゃおうかしら?
頭を床につけて見上げなさい。
あはは、その間抜けな顔、踏んづけてしまおうかしら?
嬉しいんじゃない?
試してみる?うふふ。

ただ立ってるのもそろそろ疲れてきたわ。
座っちゃおうかしら。
このまま座るとあなたの顏に座っちゃうことになるけど・・・もし顔がお尻に触ったら、さっき言ったようにお仕置きだからね。
私は別によけたりしないから、このまま座るからね。
顔に座られるのとお仕置きとどっちを選ぶか・・・うふふ・・・あなたはきっと・・・。

家庭教師5

どう?
精子、ナプキンできれいにできた?
うん、もっとドロドロになるかと思ったけど、わりとちゃんと拭き取れたみたいね。
これ、意外と使えるみたいだから覚えておかないと。
なんか、吸収が良いからよくわからないけど、結構重くなってるよ。
すごい、いっぱい出たんだね。
それにしても・・・1回いったのにまだ大きいままなんて、いやらしい。
でも、これ以上は出させないからね。
勉強の時間も無くなるし。
そのナプキン貸して、いつまでも握りしめてないで。
捨てるんじゃないよ。
こんな精子臭いもの家に捨てて行ってもらったらどうなるかわかんないから。
これはちゃんと使い道があるからね。
で、どう?初めて使った感想は。
ちょっとは女の子の気分になれたかな?
今からもっと、女の子の気分を味わわせてあげる。
女装が好きなんだし、そういうの嬉しいんじゃない?
それに、先生も使い方ちゃんと覚えてもらわないとね。
私が教えてあげるから。
ほら、もうちょっとこっちきて、パンティを膝まで下げて。
もたもたしないでさっさとしてね。
そしたら、シールを取って・・・クロッチの・・・この辺かな?
ちゃんと着けたらはいていいよ。
あはは!なに?何か言いたいことでもあるの?
ちゃんとはいて!
そうそう、どう?嬉しい?
先生も女の子になりたいんだったらちゃんと月に1回はナプキン使うようにしたほうがいいね。
ナプキンの汚れた感じも味わえるし、一石二鳥じゃない?
もちろん、勉強が終わるまでそのまま付けててね。
で、どんな感じ?
気持ちいい?
恥ずかしい?
嬉しい?
嬉しいの?ほんとに?
あらら、やっぱり先生は変態だね。
じゃあ、そのまま家に帰るまでナプキン付けてて。
家で捨てるようにしてね。
でも、先生は電車だし、帰りに精子の匂いさせてたら変に思われるね。
エッチしてきたばかりの変態女だって思われるかな?
痴漢されちゃうかもしれないね。
家に帰ったら、ちゃんと報告してね。
家に帰るまでの様子、詳しくね。